バイナリーオプション fx初心者の味方

バイナリーオプション、FXに使える知識を発信していきます

やさおの為替ブログ

MENU

【パチンコより期待値高い?】バイナリーオプション 攻略

f:id:yasao2525:20211213230034j:plain

前回の記事はコチラ

 

前置き

12章まで、少し真面目なお話をしてきたので、今回は少し砕けたテーマを扱います。

本日の、手法は”話のネタ程度”で覚えて頂ければ幸いです。

実際の取引で使用することは、お勧めできません。

 

リスクについて

手法を紹介する前に、リスクについてお話しします。

  1. 軍資金を全て溶かす可能性
  2. 口座凍結をされる危険性

 

口座凍結とは、これから紹介する手法を行ったことで、業者から不正をしていると判断され、利用停止になることを指します。

口座凍結をされた場合、取引は行うことはできなくなるのはもちろんのこと、出金すらできなくなる可能性があります。

 

 

マーチンゲールの法則

マーチンゲールの法則というのは

勝つまで、同じ方向にエントリーする手法です。

界隈では、「マーチン」と言われています。

バイナリーに関わらず、相場は「上がるか・下がるか」の二択です。

そのため、自分が推測した方向が上なら、勝つまで、買い(high)でエントリーします

 

基本的に、バイナリーオプションの場合、ローソク足単位でマーチンを行います。

 

ローソク足が確定したら、次足でその方向でエントリーするイメージです。

f:id:yasao2525:20211121174016p:plain

f:id:yasao2525:20211121174036p:plain

<実際のマーチン方法について>

例)ペイアウト率が2倍のもので取引を行う場合なら、

1,000円で一度負けた場合、

前回の取引金額である1,000円と、本来利益を得るはずだった1,000円を掛けます。

そのため、2回目に掛ける金額は、1,000+1,000=2,000円になります。

2回目も、負けた場合には、3回目で

前回の取引金額までの合計2,000円と、本来利益を得るはずだった2,000円を掛けます。

つまり計4,000円を掛けます。

 

上記の考えを勝つまで繰り返す。それがマーチンと言われるものです。

先生〜!うひゃ〜
恐ろしい損失になりそう😱

そうだね。だから基本的にはやらない方がいいんだ!

じゃあ、どうしてYouTubeとかであマーチンを推奨したり、マーチンを行う人が多いんですか?

Yちゃん。いいところに気づいたね。
それは、この後紹介するメリットで説明するね。
その前に、デメリットをまとめるね。

デメリット

ズバリ、リスクの高さです。

仮に4連敗目だったらいくらの損失状態でしょうか?

f:id:yasao2525:20211121174103p:plain

 

-15,000円です。

また、前の金額に対して2倍になるため、次かける金額は16,000円になります。

よって31,000のリスクを負って、たった1,000の利益を取りに行くことになります。

 

明らかにリスクが高すぎますよね。

実は「諸刃の剣」のように見えて、「破産を招く手法」だったりもします。

1,000円を得るために、何万円のリスクを負うんです。

 

メリット

リスクをとれば、かなり高い勝利を期待できること。

ただ、単なる期待値であるため絶対ではありません。

回数

勝率

負ける確率

1回目 50 50%
2回目 75 25%
3回目 87.5% 12.5%
4回目 93.75% 6.25%
5回目 96.875% 3.125%
6回目 98.4375% 1.5625%
7回目 99.2188% 0.7813%

お待たせ。じゃあ先ほどもらった質問に答えて行くね。
まず、①YouTubeのサムネに「期待値9○%の必勝法を教えます!」とか謳えている理由は、このメリットからもわかるように、バイナリーオプション取引を端的に示すとコインの表裏を当てるようなゲームだから、試行回数を増やせば増やすほど、勝率が高くなるなんだ。
だから、bo YouTuberの多くは、ある一定の期待値のある手法にマーチンを加えることでサムネを実現できるかのように見せているんだ。
②多くの人が、マーチンをやってしまう理由も①に近くて、エントリー回数を増やせば勝率が上がるからなんだ。

なるほど!!😳めちゃくちゃ納得しました。

Assets - Inline banner

 

ナンピン手法

ナンピンとは

同時に複数のポジションを持つことを指します。

 

バイナリーの場合では、今の動きに逆らって複数のポジションを持つことを指します。バイナリーの界隈では、連打と言われてます。

逆張りで何度も入るようなイメージです!

f:id:yasao2525:20211121182337j:plain

 

メリット

複数のポジションを持つことによっての利点ももちろんあります。

それは、リスクの分散です。

 

例)

ある銘柄Aは今後上昇していくと推測します。

現在がエントリーチャンスだと感じ、銘柄Aを110.1110.2110.3というレートで買ったとします。三つ違う価格で買ったので(エントリーすれば)、判定時間に110.4以上⬆️のレートになれば、全て勝利となります。

 

仮に、110.3というレートで判定時間を迎えたとしても、それ以下(110.3⬇️)のレートで入ったポジション(110.1110.2)は、勝つことができるというお話です。

 

資金管理ができていれば状況に応じて、採用するのはありです⭕️

 

デメリット

ナンピンを行うと、資金管理を崩してしまうことが多いです。

いわゆる、ポチポチ病になりかねません。

ぽちぽち病:連打をしたいという衝動に駆られてしまうこと。

パーレー法

勝った金額をそのまま次の掛金にする手法です。

所謂、マーチゲール法の逆バージョンです。

1,000円→2,000円になった場合、2,000円を次の掛け金にします。

 

1回目)1,000

2回目)2,000

3回目)4,000

4回目)8,000

5回目)16,000

6回目)32,000

7回目)64,000

8回目)128,000

9回目)256,000

10回目)612,000

11回目)1,224,000

 

一応、1,000円スタートで11連勝すれば"100万円”を目指せる可能性があります笑

ひゃ、ひゃ100万円🤤

メリット

  • 1回のエントリー金額のリスクで高いリターンを狙える。

上記の表を参照してください。

仮に、7連勝を目標に取引を行った場合、実質1,000円のリスクで64,000円のリターンを期待できるということです。

 

デメリット

  • 連勝目標を決めない限り、一度も利益を確定できない。

例えば、2連勝までと決めないと、何連勝しても更なる利益を求めてしまい、結果として積み上げた資金を溶かす可能性があります。

  • 一度に掛けられる金額の規制

ハイローオーストラリアでは、一度に掛けられる金額が上限200,000円と決められているため、200,000円以上の取引を行う場合には、連打する必要が出てきます。

 

 

どうでしたか?

 

これらのリスクも理解していただけたと思います。

ただ、パチンコなどのギャンブルにお金を浪費するよりはお勧めです!

 

次回のブログからは、ローソク足の学習をしていきます。