バイナリーオプション fx初心者の味方

バイナリーオプション、FXに使える知識を発信していきます

やさおの為替ブログ

MENU

【トレード感覚を養う方法】あなたもチャートの声を聞けるようになろう

f:id:yasao2525:20211213232757j:plain


14章

 

前置き

ローソク足の学習の続編になります。

まだ、前回のブログをご覧になっていない方は、そちらからご覧いただけるとより理解が深まると思います!

 

Assets - Inline banner

 

窓とは、ローソク足とローソク足の間に生じる空間のことを指します。

その空間には、ローソク足の確定した瞬間に多くの注文(多くの人が取引を行ったこと)が入ったことを示唆します。

つまり、窓の開きに比例して、窓が開いた方向に推移していく可能性が高くなります。

 

図1では、陽線が確定後に、多くの売り注文が入ったことを示唆しています。

そのため、今後は、「下落してく可能性が高い」という見立てができます。

f:id:yasao2525:20211123154512p:plain

図1

ピンバーについて

 

f:id:yasao2525:20211123160100j:plain
f:id:yasao2525:20211123160231j:plain
f:id:yasao2525:20211123160208j:plain
f:id:yasao2525:20211123155957j:plain

ピンバーとは、上下に髭が長いローソク足です。

前回の講義でも扱いましたが、大変重要です!

ピンバーを元にシナリオを構成していくことが多いからです。

 

バイナリーにおいて★

ピンバーをつけたローソク足を確認後、次足で逆張りエントリーするの手法は王道です!

 

<特徴>
  1. トレンドの終わりや、相場の流れが転換する際に多く出現
  2. 出現した数に比例して、転換サインの強弱を示唆(図4参照)
  3. ピンバーの髭の長さに比例して、転換サインの強弱を示唆(図5参照)

 

2. 図3のように、ピンバーの数が多ければ多いほど、転換サインを意図しています。

 

3. に関しては、髭の長さが長ければ長いほど、強い転換サインです!

つまり、髭が伸びていない方向に今後の相場が推移していく可能性が高い!

図5を見てください。

①と②のローソク足を比べた際に、明らかに②のローソク足の方が髭が長いですよね。

髭の長さは、髭が伸びている方向へのリジェクトの強さ示しています。

 

f:id:yasao2525:20211123155536p:plain

図2

f:id:yasao2525:20211123155551p:plain

図3

f:id:yasao2525:20211123162221p:plain

図4

f:id:yasao2525:20211123162253p:plain

図5


今後の動向を推測しよう

これまで学習した内容と、ローソク足の知識を踏まえて今後の相場の方向を予測してみましょう!

 

パターン1

f:id:yasao2525:20211123170302p:plain

パターン1

あっこの波形見覚えある!(◎_◎;)

と感じたあなたは、相当復習をされている証拠です!✨

結論、今後の相場は上昇に向かいます。

 

根拠

  1. ゴールデンクロス
  2. 方向感を示す大陽線の出現

1.の理由に関しては、以前に扱ったので割愛します。

(※詳しくは、バイナリーロードマップ12章を参照ください。)

www.xn--t8jva4l.shop

 

ゴールデンクロスとは、上昇を示すサインですよね。

 

2.(仮)ローソク足Aとそれ以前の値動きです!

かなり、ローソク足Aが形成される以前までは、かなり揉み合っていましたよね。

この状況では、方向がどちらに推移していのかを判断することが難しいです。

ローソク足Aは、以前まで形成されていたローソク足の高値を大きく更新して形成されました。

この時点で、買いの勢力売りの勢力を上回ったことを意味します。

 

パターン①のような波形は、トレンドの初動で発生しやすいので捉えておきましょう!

 

では、最後に今後どのように推移していったのかを確認してみましょう!

streamable.com

パターン2

f:id:yasao2525:20211123172603p:plain

パターン2

結論:今後は、下落していきます。

 

まず、注目すべき点は以前までの推移していた方向です。

パターン2の画像を見る限り、

根拠1.以前までは下方向に推移していたこと

がわかります。注目すべき点は、A ・Bのローソク足の髭です。
特にAの部分に注目してください。

根拠2.大きく上髭をつけたローソク足をつけていますね。この時点で上値が抑えられている(上方向に推移することを拒否されいる)ことがわかります。

そして、Bのローソク足もAのローソク足ほどではないですが、上髭をつけているため、こちらも上値が抑えられていることが読み取れます。

 

これら、根拠1根拠2が合わさることで、

今後の推移していく方向は、下である可能性が高いと予測できる。

 

では、最後に今後どのように推移していったのかを確認してみましょう!

streamable.com

 

次回からは、応用編としてみなさん自身で今後の動向を予測してもらいます!