バイナリーオプション fx初心者の味方

バイナリーオプション、FXに使える知識を発信していきます

やさおの為替ブログ

MENU

【初心者必見】チャート分析4ステップ ラインの引き方②

f:id:yasao2525:20220202175454j:plain目次

 

前回記事はコチラ

step2. 左側から順番にラインを引いていこう!

自分から見た時の左側の画面にいくにつれて、古い過去チャートという扱いになります。

ですので、今回も、初めに左側の意識されている価格帯を結んでいきます。

f:id:yasao2525:20211208210313p:plain

左側は、高値も安値も切り上げているため上昇トレンドであったことが確認できます。

上昇トレンドを把握するために多く用いられるラインは、トレンドラインです。

f:id:yasao2525:20211210135307p:plain

トレンドライン

また、上昇トレンドの場合トレンドラインの引き方は、安値同士を結びます。

 

 ここで既にお気づきの方もいると思いますが、安値同士を結んだだけでは、高値が無視されていることになりますね。もちろん、エントリーする際には、安値同士を結んだトレンドラインにタッチしたタイミングで仕掛けることが多いです。

 

ただ、安値同士を結んだトレンドラインだけでは、どこまで上昇していく可能性があるのか?という上限の目処を立てることができません。

 

そのため、私は上昇トレンドであっても高値を捉えるようにしております。

上昇トレンドだけに限らず、下降トレンドにおいても高値・安値を捉えるためにおすすめなラインはチャネルラインと言われるものです。

私も、先生に言われてから、チャネルラインを引くようになったことで、以前よりも相場が捉えやすくなったと感じます🥺

それは、嬉しい報告ありがとう!

チャネルラインとは

チャネルラインとは、トレンドライン2本が平行に並んでいるラインです。

f:id:yasao2525:20211210135435p:plain

 

では、さっそくコチラのラインを使って相場を捉えていきましょう!

黄色の丸枠で括った価格帯同士が高値にあたる部分、青色の丸枠で括った価格帯同士が安値にあたる部分になります。

チャネルラインは、上記で括った価格帯を意識しながら、引いていきます!

f:id:yasao2525:20211208210847p:plain

 

トレビューにてチャネルラインの引き方はコチラを参照ください。

・PC版

・スマホ版

 

f:id:yasao2525:20211208212016p:plainチャネルラインで引くとこのようになります。

step2-1. 続いては、右側部分をラインで引いていく。

f:id:yasao2525:20211215111932p:plain右側のチャートは、左側のチャートと異なり、高値と安値が切り下げていることから、下落していることがわかります。

 

コチラは、下降トレンドであるため先程とは異なり、高値同士を結んだトレンドラインを用いることが一般的です。

しかし、高値同士だけを結んでしまうと、安値を把握することができないため、コチラも高値と安値をチャネルラインで括ります。

 

意識してもらいたい価格は、黄色の丸枠と薄青の丸枠の部分です。

f:id:yasao2525:20211210120352p:plain

 

チャネルラインで引くとこのようになります。

 

f:id:yasao2525:20211210132805j:plain

f:id:yasao2525:20211210132843j:plain
Q.「安値同士を結ぶって言っていたのに黄色の丸枠部分が飛び出しているのはなぜ?」

と疑問を抱いた方も多いと思います。

うんうん。これめっちゃ気になってたの!
うちも自分で引く時、綺麗に引くことができなくて、画像みたいにちょっとだけ飛び出ちゃうことあるから。

そうなんだ!僕も最初の頃は、この飛び出している部分が嫌で、全てを括るようにしたラインを引けなかったから、Yちゃんの気持ちわかるよ!
でも、安心して!今日で解決するから✌️

 

A.ラインの引き方は人によって捉え方や引き方が異なるため、絶対はありません。

 

ただし、ラインを引く際に最も大切にしていただきたいことがあります。

それは、最も意識されいる安値・高値同士を結ぶということです。これは、安値・高値同士を結ぶときに限った話ではありません。

意識されている価格帯を見つける際に水平線を引く時にも同様のことが言えます。

 

上記のラインを引く上で、大切にしていただきたいことを念頭に置いた上で、

「この飛び出した価格はどうするのか?」についてお答えします。

 

 

超過価格とは

f:id:yasao2525:20211215132813j:plain

意識されているはずのレートから飛び出した価格を、超過価格と呼びます。

超過価格とは、その文字通り価格が超過していることを指します。

 

超過価格について詳しく学習したい方は必見の一冊です。

超過価格が発生する要因

  1. 大口の投資家や機関投資家が意図的に、一時的に大きな注文を入れた。
  2. 指標などによって、一時的に大量の注文が入った。
  3. 意識されている価格帯が人によって異なる

など、要因は様々考えることができます。

 

重複してしまいますが、相場の世界に絶対というモノは存在しません。

そのため、様々な要因によって、超過価格というのも発生してしまうのです。

 

では、この黄色の丸枠を起点にラインを引いた場合はどうなるでしょうか?

f:id:yasao2525:20211210132843j:plain

点線のラインが、別の視点でトレンドラインを引いた場合です。

ただし、このラインの引き方であっても、飛び出しているレートがあることがわかりますよね。

このように、全てを捉えることは不可能に近しいということを覚えておくようにしましょう。

 

なるほど〜。なんだか凄くスッキリしました!😮‍💨
1番大切なことは、もっとも意識されている価格帯同士を結ぶことですね!

よかった😊
そうだよ!全てを捉える必要はないってこと!

f:id:yasao2525:20211210133847p:plain

結果として超過価格は、スルーしてラインを引くようにします。

常に意識してもらいたいことは、繰り返し言いますが、最も意識されている価格帯(安値・高値)同士を結んであげることです。

 

今回は、ここまでです!

相場全体のフレームワークを作る工程でした。

次回は、水平線などを使って、さらにチャートを彩っていきます!

お楽しみに!