バイナリーオプション fx初心者の味方

バイナリーオプション、FXに使える知識を発信していきます

やさおの為替ブログ

MENU

【成果を出したい方必見】トレードが上達するたった1つの方法

f:id:yasao2525:20220127095803p:plain

今回の分野は、バイナリーオプションに限らず、どんな学習(fxやプログラミングやWebデザイン・資格の勉強など)を行う上でも、応用できる内容です。

インプットよりも、アウトプットの方に比重を置くことで効率よく覚えられることは、多くの方が知っているはずです。

知ってる!
「アウトプットをしなさい」ってよく耳にする言葉だよね

では、バイナリーオプションやfxにおいてアウトプットは、どのような恩恵を与えてくれるのでしょうか?

 

アウトプットによるメリット

  • 知識の定着度が上がる
  • 自信に繋がる
  • 失敗を減らせる

知識の定着度が上がる

 誰かに対して、ある知識を理解できるように伝えるためには、自分がある知識の本質を捉えていなければなりません。また、伝える相手が無知識である場合には、伝え方にも工夫をしなければなりません。そこで、「いかにして伝えるのか」と言うのを自分なりに考えるわけです。

 全く知識のない方に教えてる場合には、中学生、いや小学生でも理解できる内容にして伝えることが大事です。

 そのためには、自分自身も十分に理解している必要があります。そのため、日頃行うインプットの過程でも、「全く知識のない人に教えるんだ」というマインドで行うことで、インプットも単なる作業では、なくなり知識の定着度が飛躍的に向上するわけです。

 この時に、おすすめの方法は、単語で覚えるというよりは、例で喩えながらストーリー形式で覚えることがお勧めです。

自信に繋がる

 自分の言葉で説明をした結果、教えた相手から「わかりやすかったよ」などといった言葉を受け取った時は、嬉しいですし、何よりも自信につながります。そういった一つ一つの自信は、小さな成功体験になります。自信は、トレーダーにとって大変重要な要素です。

失敗を減らせる

 「自分が教えている立場だ」という自覚から、教えている立場の人は「規律を守ったトレードを行おう」と言った自制心が、一般の人より働きやすくなる傾向があります。いい意味で、「誰かに見られている」と言う意識を持つようになるわけです。これまで感覚でやっていたトレードだったとしても、もう一人の自分と対話を行いながら、トレードを行えるようになるでしょう。

 

 ここまでの説明で、「アウトプットをすることのメリット」は理解できたけど、「実際どのようにアウトプットしたらいいのかわからない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

大丈夫です。今回は、そのお悩みに対する解決策もご用意してあります。

アウトプット環境の作り方

  • 人に教える
  • SNSを通じて自分の考えや、学んだ内容を発信していく

興味がありそうな人や友人に教えてあげる

f:id:yasao2525:20220127095900p:plain

これは、私自身も身を持って体験しております。

言葉を選ばすに言いますと、「マジでお勧めです!(笑)」

やさおさん..うちも、友人に頼られると「初めは、めんどくさいな」と感じていたのですが、良いアウトプットの機会だと意識するようになってから、感謝されることが増えて、なんだか嬉しいですし、何よりも自信に繋がりました。

懐かしい...✨そんなこともありましたね👍

これは、かの有名なドラマであるドラ◯ン桜でも”生徒同士が教え合うシーン”がありましたよね。

f:id:yasao2525:20220127173816j:plain

講師の太宰府治氏は、「”人に教えるためには、まずはその知識を理解し、咀嚼し、整理し、使いこなせる状態にしておくことが重要だ。そこまで来てこそ、真の理解と言える”」と仰っていましたね。

つまり、教えることほど、知識が深まることは無いと表現しているわけです。

 ただ、「誰かに教えてみると良いよ!」とお勧めすると、大概の方は「自分なんて実績も何もないし」と言う方がいらっしゃいます。私も教え始めた当初は、実績も何もなく、「トレードがただ好き」「少し知識があるかな」と感じる程度でした。

 

ただ、別の例で置き換えるとどうでしょうか?

  • 料理が得意な友人に、料理を教わってみたり
  • 人生相談を友人にしてみたり
  • ゲームが少し得意な友人に攻略方法を聞いてみたり
  • メイクを友人に教えてもらったり

した経験はございませんか?

 

「友人だから」という理由もあるかもしれませんが、料理研究家でもなければ、カウンセラーでもない、プロゲーマーでもない、メイクアップアーティストでもないわけです。


反対に、教える立場の人の具体例でしたらどうでしょうか?

身近な例で例えるのであれば、YouTuberの方もそうですね。

趣味(得意なこと)を動画で発信していく上で、ファンになってもらって、自分のサービスを利用してもらっているわけですが、「プロか」と言われるとそうでない方も多いのではないでしょうか?

 

そうなると、いわゆるプロ(専業)と呼ばれる方が、教えている・教えてもらっているケースって、案外少ないのではないのでしょうか?

 

自分より、「知識があるな」と思ったら教えてもらおうと思うのは、普段の生活で行なっている行為なのです。

 

もちろん、実績があれば尚良いですが、必須条件ではないということです。

教える立場になるというだけで、学ぶモチベーションにも繋がります。

 

まずは、無料でも良いと思いますし、低額で教えてみるのも良いかもしれません。

「お金をいただくのなんて..申し訳ない」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分のスキルがお金に変わった瞬間は、大きな自信に繋がるはずです。

 

・自分のスキルを売るならココナラがお勧め!

SNSを通じて自分の考えや、学んだ内容を発信していく

f:id:yasao2525:20220127095931p:plain

「やはり誰かに教えるのは、無理だよぉ」と思った方にはお勧めです。

誰かに見てもらわなくても、自分の言葉で発信することに意味があります。

 

学んだことを、言語化し投稿をします。

顔出し等をせずに、記録として動画投稿をしていくのも良いかもしれません。

今、皆さんが読んでいただいている私のブログのように、自身でブログを書いてみるのも良いかもしれません。

何より言語化・文字に興すことで、ある事柄に対して、「真に理解できているのか・どうか」を判断することに役立ちます。

 

地道に続けていくと、ファンの方ができ、「今日の内容勉強になりました」「普段の投稿、とても勉強になります」といったメッセージを受けとった際には、自信に繋がるはずです。

メモ書きというよりも、誰かに伝えようという意思で発信をしてくのがお勧めです。

この誰かというのは、過去の自分(つまり、学習をする以前の自分)に向けて伝えようとするとより行いやすいはずです。

これは過去の自分ではなく、架空のペルソナ(登場人物)を設定して伝えようとするのもあり!

 

いかがでしたでしょうか?

発信を行なっているトレーダーの多くの方は、このアウトプットの環境としてSNSなどを使っている可能性も高いです。

ここまで、全4部の構成でお届けさせていただきました。

私も学習を始めた当初は、右も左もわからず遠回りしてしまったものです。
ぜひ、1章から何度か読み直すようにしてみてください。
また、周りの方で、「fxやバイナリーオプションについて独学で学んでいきたい」という方を見かけましたら、ぜひ本記事をご紹介していただけると嬉しいです。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!👋