バイナリーオプション fx初心者の味方

バイナリーオプション、FXに使える知識を発信していきます

やさおの為替ブログ

MENU

【取引タイミングまで網羅】マルチタイムフレーム分析とは

導入

こちらの記事は、私の経験をまとめたものであることを何卒ご理解ください。

今回は、マルチタイムフレーム分析についてお話しさせていただきます。

マルチタイムフレーム分析を行うことで、より優位性が高い売買戦略をとることが可能になります。

マルチタイムフレーム分析とは

マルチタイムフレーム分析とは、<※1>上位足(期間の長い足)から、<※2>下位足(期間の短い足)にかけてチャート分析を行うことを指します。

<※1>上位足:日足や4時間・1時間足のチャートを指します。

<※2>下位足:15分足・5分足・1分足のチャートを指します。

マルチタイムフレーム分析を行うことのメリット

  1. 上位足の推移している同方向に、下位足でも取引を行うことで、方向が一致することで、より優位性の高い取引を行うことが可能になる。
  2. 上位足の意識されている価格やMA(移動平均線)を把握することで、今後も注意することができる。

なるほど...

確かに、上位足のmaは抵抗帯と意識されていることが多い気がします...✍️

Yちゃん

共感してくれてありがとう☺️

でも、その通りなんだ。

続いて、なぜ上位足の分析が重要なのかについて話していくね。


上位足が意識される理由

 為替取引を行なっている人は、必ずしも下位足を観察している人ばかりではないからです。
大半の方が確認されていると言っても過言ではない足としては、日足があたるでしょう。
 日足は、<※1>投機筋のトレーダーだけではなく、機関投資家の方も確認することが多いためです。もちろん、日足などは株式投資などを行う人も確認することが多い指標の一つです。
 そのため、週足や日足レベルのチャートで、現在の方向感を掴むことは非常に重要になってきます。

 要約として、チャート分析で重要なことは、上位足に比例して多くのひとが観察するため、意識される割合も高くなるということです。

では、続いてマルチタイムフレーム分析を行う具体的な方法を、簡易的に紹介していきますね。



<※1>投機筋トレーダー:投機とは、短期間に売買を繰り返すトレーダーを示し、短期的な値動きの差益を狙っているトレーダーを示します。

マルチタイムタイムフレーム分析の具体的な方法

マルチタイムフレーム分析を行う上で、前提として環境認識(チャート分析)を行えるスキルが必要になります。
現在、環境認識(チャート分析)に不安を感じられる方は、下記の記事一覧を事前に読破していただけると、今後の内容もスムーズに頭に入ってくるはずです。



 前置きが長くなりましたが、ここからは実際にマルチタイムフレーム分析から、売買戦略の考え方についてお話しさせていただきます。
例題として、用いている仮定チャートは説明を行い易いように、簡易的なチャートになっておりますが、その点は何卒ご理解ください。

Step1. 日足チャートにて、チャート分析を行います。

日足チャート

Step2. 日足チャートにて、相場の特徴を見つけていきます。



 すると、今回のチャートでは上昇からの、上昇フラッグ(高値・安値を切り上げているような波形)を形成していることが確認できます。それに加え、現在は、上昇フラッグの下限で反発を確認できます。

 

捉えるべきポイント

 この時点での認識として重要なことは、上昇局面での上昇フラッグを形成中である、かつ、上昇フラッグの下限での反発が確認できることから、買い(HIGH)の優位性が、高まっていることを掴むことができます。

各波形についての詳しい説明は、こちらの記事を確認ください。
www.xn--t8jva4l.shop


Step3. 4時間・1時間足のチャートの分析を行います。


Step4. step2と同様に、4時間・1時間足チャートでも特徴(波形・maが意識されているなど)を掴みましょう。



 すると、上昇フラッグの下限付近で、ダブルボトムのような波形を確認。ダブルボトムを確認後は、一般的にネックラインを捉えます。そのため、ネックラインになるであろう部分にラインを引いていきます。今回は、ネックラインを捉えるために、トレンドラインを使用していきます。<※1>トレンドラインではなく、水平線で捉える方もいっらしゃいますが、私は時と場合によって分けています。

 

捉えるべきポイント

 この時間足で把握すべきこととしては、上昇フラッグの下限でダブルボトムを形成後、ネックラインに対して戻しを見せているという認識です。
 ネックラインは、<※2>レジサポ転換として意識される可能性が非常に高いため、現在は、ネックラインがサポートラインの役割を担っていると考え、反発して再度上昇していく可能性が高いことを視野に入れます。


<※1>時と場合によって、ネックラインを捉える際に「トレンドライン」と「水平線」を使い分ける理由についてお話しします。相場は基本的に垂直に推移することは少ないため、トレンドラインで捉えるようにしています。対して、水平線を使う場合としては、キリ番や意識されている価格が、一定(目に見えて、水平線で捉えられる場合)の場合に限ります。

<※2>レジサポ転換・サポレジ転換に関する解説記事はこちらを参照ください。
www.xn--t8jva4l.shop

Step5. 下位足(15分・5分・1分足)にチャート分析を行います。


現在の値動きは、ネックラインに達していることがわかるため、2つの売買戦略を立てることが可能になります。

①ネックラインに達しているため、買い(HIGH)で取引を行う。
②ネックラインに達しているが、ネックラインを割ってくる可能性もあるため、ローソク足の確定を待ち、ネックラインに対して抵抗感を示したのであれば、買い(HIGH)で取引を行う。

上記の二つはどちらも正解です。
もちろん、②の方が、ネックラインが意識されている可能性が高まるため、②の方で取引を行なった場合の方が優位性が高い場合もあります。

最後に、FXの方とBO(バイナリーオプション)の方別々の視点で、取引タイミングをアドバイスできたらと思います。

取引タイミングについて

FXの場合
①より有利なポジションを持つために、上記の5分足チャートに達した時点で、一つ目のポジションを取り、さらにネックラインに対して転換サインを示した際に、追加でポジションを保有する戦略です。

②ネックラインに対して、<※1>抵抗を示すローソク足の確定足・波形を見せてからポジションを持つ戦略です。

<※1>ローソク足の解説記事はこちら
www.xn--t8jva4l.shop


BOの場合
①「時間制約」があるため、明確にそのラインで反発するか不安な場合には、少し長めのポジションを保有するようにします。(5分以上)

②ネックラインに対して抵抗を示す、ヒゲの長いローソク足が確定後 or<※1> 包み陽線を確認後、HIGHでポジションを持つと良いでしょう。



<※1>包み陽線とは、下落から上昇の転換サインの一つで、ひとつ前のローソク足を包み込むように、大陽線が出現する状況を指します。

包み陽線

ここまでで、マルチタイムフレーム分析から、具体的な売買方法と取引タイミングのお話でした。

マルチフレーム分析には、環境認識が行えていることが前提となること多いです。

環境認識方法(チャート分析)等に、不安を感じている方がいらっしゃいましたら、お気軽に下記の申請フォームより当スクールにお問合せください😊