バイナリーオプション fx初心者の味方

バイナリーオプション、FXに使える知識を発信していきます

やさおの為替ブログ

MENU

【FX・BO】ダマシを回避する方法を紹介

f:id:yasao2525:20220310193827p:plain


今回の記事では、「ダマシ」と呼ばれているモノを極力回避する方法を紹介します。

 

記事を書き進める前に、ここで扱う「ダマシ」の定義を統一させておきます。

 

ダマシとは

今回紹介するダマシとは、 意識されているライン(水平線・トレンドラインを含む)に対して相場が抜けて推移して行ったのに関わらず、ラインの内側に戻ってきてしまう状況を指します。

出ました🥺

別名「高値掴み」「安値掴み」みたいなやつですよね。

ほんまに嫌です。

そうそう!

でも大丈夫!今回の記事を読めば少しはい糸口が見つかるはずだよ✌️

うわぁ〜!楽しみです!✨

一般的には、テクニカル(インジケーター・オシレーター)が反応しているのに関わらず、相場がインジケーターのシグナルと逆方向に推移していく状況を指します。

 

先に解決方法を示しますね。

それは、15分ローソク足の確定足を待つということです。

もちろん、待つ時間足を上位足にすればするほど、より「ダマシ」を回避できる可能性が上がります。しかし、当時に複数の時間足を同時に観察する必要も出てくるため注意しましょう。

 

待つことにより、意識されているラインが「意識されているのか・意識されていないのか」という目安として非常に有効になります。

 

以下の例は、上昇の場合の想定になります。

f:id:yasao2525:20220310193949p:plain

ラインに対して、抵抗をあまり感じさせずに確定足が形成された場合

 

ラインに対して、15分ローソク足が抜けて終われば、トレンド継続のサインを指すため、順行の取引を選択すると、ダマシを回避でき優位性の高い取引が行えるでしょう。

 

f:id:yasao2525:20220310193851p:plain

ラインに対して、抵抗を示す確定足が形成された場合

反対に、15分ローソク足がラインに対してヒゲをつけて終わっているのであれば、トレンドと逆方向にポジションを持つ戦略が有効になります。理由としては、トレンド方向の勢いが弱まっていることを示すため、一度逆行していく可能性が高くなります。

 

最後に、注意すべき点をお伝えします。

15分足ローソク足の確定足だけに囚われていてはいけません。

15分足の確定足を待ちながら、5分足形成を観察するようにしましょう。

15分足の形成には、1分のローソク足15本分、5分のローソク足3本分にあたります。

 

つまり、取引を行う際にはこれらのローソク足の形状も捉えるようにしておきましょう。

 

具体例として、1つの事例を紹介します。

f:id:yasao2525:20220310213407j:plain
f:id:yasao2525:20220310213423j:plain

このように水平線を、1分足5分足レベルでは上抜け後、再度水平線に対して戻ってきたとします。

この場合、短期足(1分、5分)でしか観察を行っていない場合には、単純に水平線がレジサポ転換の機能を担って、再度抵抗線になり、上昇する起点になると判断するのではないでしょうか?

 

f:id:yasao2525:20220310213541j:plain

 

しかし、上記の場合を15分足レベルで見た場合には、このように水平線に対して、少し実体が出ているものの、上ヒゲをつけて終わっています。

 

ここで考慮すべき点が2つ出てきます。

1つは、仮にその水平線の引き方が少しズレていた場合には、水平線に対してヒゲをつけて終わっていることも考えられます。

 

2つ目は、上値が抑えられていると判断するトレーダーの方も出てきますよね。

 

このような場合には、取引を見送る。もしくは、次足数本分の値動きを待って、方向感を確認するのが最善策と言えるでしょう。

 

方向感を確認することによって、順張りでの取引でも逆張りでの取引も可能になります。

もちろん、※市場心理などが利用されている可能性も考えられるため気は抜けません。

 

今回の事例は、水平線を例に挙げましたが、トレンドラインにも同様のことが言えます。

 

そのため、ダマシを極力回避する方法としては、15分足のローソク足の確定を待つと同時に、他の時間足の形状も確認しておくようにしましょう。

 

※市場心理に関する記事はこちら

www.xn--t8jva4l.shop

www.xn--t8jva4l.shop

 

今回の記事はここまでです。

いかがでしたでしょうか?ためになったよという方は、グットボタンと読者になるを押していただけると嬉しいです😊

感想等で構いませんので、コメントなどもいただけますと、今後の励みになります。

お待ちしております。