バイナリーオプション fx初心者の味方

バイナリーオプション、FXに使える知識を発信していきます

やさおの為替ブログ

MENU

【いまさら聞けない】バイナリーオプションの基本的なトレード方法

f:id:yasao2525:20220405202510p:plain今回は、バイナリーオプションの基本的なトレード手法を紹介します。

 

始めたばかりの頃は、わからないことがわからないような状態だったので、このようなテーマを扱っていただけるのは助かります_φ(・_・

だよね。

わからないことありますか?と聞かれても「わからない」という返事になってしまうよね。

 

バイナリーオプションの取引方法は、大きく2つに分類することができます。

  • 順張り手法
  • 逆張り手法

順張りにも

質問いいですか?

はい。どうぞ!

よく、インジケーター(移動平均線やRSIやボリンジャーバンド)を使った手法を目にするのですが、それとは異なるのでしょうか?

おっ!いい質問をありがとう。

まず回答を示すのであれば、異なるというのが適切かな
わかりやすく、図にして説明するね。

f:id:yasao2525:20220330192708j:plain

図式化すると、このようになるよ。

そのため、先ほどの質問に対して回答するのであれば、①順張りの中のインジケーター(移動平均線やRSIやボリンジャーバンド)を使った手法と②逆張りの中のインジケーター(移動平均線やRSIやボリンジャーバンド)を使った手法という扱いになるから異なるんだ。

大変わかりやすいです📸

 

では、取引の大枠を掴んだところで、バイナリーオプションでの順張り・逆張りについてお話をさせていただきます。

 

初めに、順張りと逆張りには

ローソク足単位で予測する取引と、ローソク足数本分を予測する取引に分類することが可能です。

 

さらに、ローソク足単位での取引は、確定足を待つ取引と、形成中に取引を行うものに分類できます。

 

ええ〜混乱しちゃいます💦

そうだね。一度で理解しようとはせずに、理解できるまで、繰り返しこちらの記事を読むようにしてみて!

りょーかいです!

 

確定足を待つ取引

f:id:yasao2525:20220405200421p:plain現行ローソク足が確定後、次足の始値をつけた約00秒後から取引を行うことを指すのが一般的です。

 

 

ローソク足形成中に取引

f:id:yasao2525:20220405200456p:plain現行ローソク足が形成中に、何らかの取引指標が現れたと同時に取引を行うことを指します。

 

ローソク足数本分を予測する取引

f:id:yasao2525:20220310213541j:plain
f:id:yasao2525:20220310213423j:plain
f:id:yasao2525:20220310213407j:plain

ハイローオーストラリアの3分・5分・15分・1時間取引において、途中から取引を行うことを指します。

では、なぜローソク足数本分を予測するという・わかりづらい表記なのですか?

いい質問ですね。

まずは、30秒取引と1分取引が該当しない理由を説明します。

Yちゃんに質問です。Q.最下位足は、何分足チャートですか?

はい!1分ですか?

そうだね!正解!(※一部秒単位で見れるチャートもある。)

そのため、30秒と1分取引では1分足をみて取引をするため、ローソク足は一本しか見ることがないんだ。

それに対して、3分取引以上は、ローソク足が数本形成されるよね。

つまり、3分取引を行う場合には、1分足のローソク足が3本分。

15分取引を行う場合には、1分足のローソク足が15本分形成されるわけなんだ。

確かに。ミクロで見ると、こんなにも多くのローソク足が形成されてるんですね。

そうなんだよ。

だから、3分間以上の取引を行う際には基本的に、数本分のローソク足を予想する取引に該当するんだよ。

なるほど。めっちゃ納得です。

順張り

バイナリーオプションの場合には、上記の図で示した上位足のトレンド方向に乗る取引は該当しません。

ええ?そうなんですか!?

なぜでしょうか?

はい。

バイナリーオプションの場合には、ポジションを保有する時間が限定されているからです。

 

そのため、バイナリーオプションで定義されている順張りというのは、下位足の方向に乗ること。もっというのであれば、一つ前のローソク足と同じ方向に取引をすることを指すケースが多いです。

なるほど。

つまり、現行の確定足を待って、次足で現行のローソク足と同じ方向に取引を行うことを指します。

 

具体的には、

陽線の場合には、次足のローソク足も陽線になると予測するため、HIGHで取引を行います。反対に、陰線の場合には、次足である現行のローソク足も陽線になると考えるため、LOWで取引を行います。

逆張り

上記に記した取引方法に加え、バイナリーオプションでは、さらに取引方法に分類ができます。

 

  1. 現行ローソク足の確定足を待って、次足で現行のローソク足と反対方向に取引
  2. 現行のローソク足が形成中に、反対方向に取引
  3. 現行の流れに逆らって、ローソク数本分を狙う取引

などが存在します。

では、それぞれ解説していきます。

  • 現行ローソク足の確定足を待って、次足で現行ローソク足と反対方向に取引

f:id:yasao2525:20220405200607p:plain

現行の形成中のローソク足が、陽線で確定足を迎えたとします。

この場合の逆張りとは、次のローソク足は陰線が形成されると考えている状況を指します。

そのため、次足の始値からLOWエントリーで取引を開始します。

 

では、現行のローソク足が陰線で確定足を迎えた場合も考えていきましょう。

この場合の逆張りとは、現行のローソク足が陰線ということは、価格が下がったことを意味します。逆張りとは名前の通り、流れに逆らうため次のローソク足からは価格が上昇していくことを考えているわけです。つまり、次のローソク足は陽線で確定足を迎えるということです。

  • 現行のローソク足が形成中に、反対方向に取引

f:id:yasao2525:20220405200644p:plain

こちらは、確定足を待たずに、現行ローソク足が形成中に反対方向のポジションを保有する取引になります。

上記と同様に、現行のローソク足が陽線の場合と陰線の場合を考えます。

初めに陽線の場合を説明します。

現行の形成中のローソク足が陽線を作っている場合に、何らかの取引指標が生じたとします。

ここでいう取引指標というのは取引をするタイミングだと捉えてください。

現行のローソク足が陽線を形成中ということは、価格が上昇していることを意味します。

しかし、何らかの取引指標により、現行のローソク足は価格が上がりすぎていると考察します。

その場合には、現在の推移している価格よりも今後は下がると考え、LOWエントリーを行います。

一つ前に説明した、逆張り取引との大きな違いは、2つあります。

一つは、現行のローソク足が確定足になるを待つか・待たないかという差

二つ目は、陽線になるか・陰線になるかという問いではなく、価格が下がるか・上がるかで考えるという点

 

違いについても、それぞれ説明をしますね。

  • 現行ローソク足の確定足を「待つか・待たないか」という問い

こちらに関しては、論争が生じることもしばしばあります。

私の知る限りでは、明確な回答は、今のところ出ていないです。

強いていうのであれば、確定足を待った方が”ダマシ”を回避できる可能性が高まるということです。

ただ、欠点もあります。

バイナリーオプションのような時間制約がある環境下の元、限定された価格の上げ下げを予測するにはより有利な位置でポジションを保有することが求められるということです。

つまり、これから反転が考えられるポジションから取引を開始するのでは遅くなってしまう可能性があるということです。

 

  • 「陽線になるか・陰線になるか」という問いではなく、「価格が上がるか・下がるか」で考えるという点。

陽線になる=価格が上がるのか・陰線になるのか=価格が下がるのかという言っていることは同じであるからです。

 

ただ、バイナリーオプションの観点からすると若干異なると考えております。

それは、バイナリーオプションを取引する方の多くが、ローソク足単位で取引をする傾向がああり、価格で取引を行う人があまりにも少ないと感じるからです。

なので、意味していることは同じですが、表記の仕方と狙い方が異なるということを理解していただければと思います。

 

バイナリーオプションの「順張り」と「逆張り」どちらが主流なのか

行っている人の多くは、「逆張り」であると感じます。

ただ、一概に断定できないというのが本音です。

なぜなら、通貨の特性や現在の相場環境によって適合性が取れないからです。

 

総して有効であると思う取引方法としましては、短期的なトレンドには逆らわない逆張りが最も有効であると感じます。

短期的なトレンドには逆らわない逆張りとは、上昇トレンドの場合には押し目(安値)での反発を狙う取引・下降トレンドの場合には、戻り目(高値)での反発を狙う取引です。

 

・押し目・戻り高値の解説記事はこちら

 

 

今回は、ここまでです。

いかがでしたでしょうか?

本記事の内容は、著者なりの解釈も多く含んでいるため、参考程度にしていただればと思っております。

本記事を読んで、多くの人が口ずさんでいる「順張り」や「逆張り」の定義について理解を示していただければ幸いです。